2012/11/14

I'm So Lonesome I Could Cry - AA Bondy

I'm So Lonesome I Could Cry はHank Williamsの曲。
AA Bondyがcoverしたこの曲は、哀切感がただよっていいね。


http://www.youtube.com/watch?v=VnzDFa-ioDg&feature=related

【歌詞】
Hear the lonesome whipperwill
He sounds too blue to fly
The midnight train is whining low
I'm So Lonesome I Could Cry

I never seen a night so long
When times goes crawling by
The moon just went behind a cloud
To hide it's face and cry

Well maybe the night is cold
But together they fade
Like the shadow that ran up to the hills
Trying to fix her wings
There's a saint and a sinner
and forever the missing day
Where the winners and the losers feel the same
Who knows what tomorrow brings

Did you ever see a robin weep
When leaves begin to die
That means he's lost the will to live
AA Bondy - I'm So Lonesome I Could Cry

【和訳】
哀しげに夜鷹が舞っている
空を羽搏くのには憂鬱だとも言いたげだ
夜汽車の汽笛が低く響く
あぁ、あまりに寂しくて泣きたくなってしまう

夜がこんなにも永いなんて初めて知った
時は這うかの様に、ゆっくりと進み
月は雲間に逃げ込んでしまう
まるで、その涙で濡れた顔を隠すかの様に

駒鳥が啼くのを聴いたことはあるかい
そう、枯葉が舞い墜ちる、あの頃にさ
もし、そんな経験があるのなら、
生きる目的を見失っているからだよ
独りぼっちで泣きたいくらいにね

静寂の中で、星々が堕ち
赤紫色に空が明けてくる頃
きみを喪った意味を自問する
あぁ、あまりに寂しくて泣きたくなってしまう

0 件のコメント: