2009/06/07

山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 7 クラフト作りとお別れ

こんにちは。青空児です。
2日間にわたるキャンプもいよいよ最後となりました。
せっかく皆んな仲良くなったのに、もうお別れだなんて、なごり惜しいですね~。
山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 7 は、お土産のクラフト作りとお別れです。

【ランチタイム】
川遊びのフリータイムが終了して、山のふるさと村にあるビジターセンターに戻りました。
これからランチ。お腹もすいてきたしちょうどいいタイミング。
ランチは、ロールパンのサンドイッチでした。
ウィンナーや炒り卵、夏野菜を自分でパンにはさんで食べます。
ビジターセンターの脇にある東屋風の建物は風通しもよく、サンドイッチを食べるにはうってつけの場所でした。
ソラ君はお腹がすいていたのか、珍しく私の分まで食べました。


【シーソー遊び】

ランチタイムの後片付けの間、子供たちは建物の前の原っぱで遊び始めました。
ここには遊具がないので、子供たちが自分たちで考えてシーソーを作ることになったようです。
年長のソラ君が材料の丸太を運び、石の上にセット。
これで簡単シーソーの出来上がり。
皆んなでシーソー遊びが楽しそうでした。



【お土産のクラフト作り】
親子ではじめてキャンプの最後のイベントは「お土産のクラフト作り」。
何を作るのかな~と思っていると、インタープリターの女性が透明なビニール傘を広げました。
これに水性マジックで絵を描くそうです。


 ソラ君は絵を描くのが大好きなので、すぐにペンを持って描き始めました。
テーマは昨日と今日、体験したり見たものです。
ソラ君が描いたのは、テント、トカゲ(トイレで発見)、奥多摩の山、木の葉、川遊びでした。
他の家族も、輪になって一生懸命描いています。
家族が一つになって、見ていて微笑ましい光景でした。


【お別れ】
クラフト作りが終わるともう2時を回っていました。
そろそろお別れの時間が近づいています。
輪になって一人ひとりが今回の「はじめてキャンプ」の感想を言いました。
普段、他の家族と知り合う機会はほとんどない私ですが、こうして同じ年齢の子どもをもつ家族と知り合えて、とてもいい経験になりました。
他の子どもたちと比べてソラ君はどうなのか、育て方はこれでいいのか・・、気になっていました。
が、家族も人と同じように個性があり千差万別です。
まぁわが家は、わが家なりのやり方でいいのではないかと、そう思いました。


【まとめ】
今回の「親子で楽しむはじめてキャンプ」は、多摩リビングという情報誌に載っていたのをお母さんが見つけ、外で遊ぶのが好きなソラ君と私に勧めてくれ、申し込んでくれました。
直前になって、6月6日の土曜日が小学校の学校公開日(授業参観)とブッキングしていることが分かり、一時はキャンプの参加を中止しようかという話しになりました。
が、最終的にキャンプに参加することにしました。
今は、キャンプに参加してよかったと思っています。
こんな経験は中々できるものではありません。
このブログを読まれた方で、園児や小学生のお子さんをお持ちのご家族の皆さんには、ぜひお勧めしたいと思います。
楽しいですよ。
秋(10月)にもあるそうです。 


【御礼】
最後に、お世話になったインタープリターの女性4名に心より感謝を捧げます。
・まゆみぃ
・やっちん
・むぅ
・はるさん
どうもありがとう。m(_ _)m


PS
4才のチャッピィ君へ。
君はとっても可愛かったよ。駅に向かうバスに乗った私たちに最後まで手をふってくれたね。
またどこかで一緒になれたらいいね。

 最初に戻る
 山のふるさと村 ホームページ

山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 6 キャンプ場の朝

こんにちは。青空児です。
山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 6 は、朝食とフリータイムです。

山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプも2日目に入りました。
4家族とも顔なじみになって、アットホームな雰囲気です。
子供たちは皆んな友達どうしになりました。
午前中はフリータイム、お昼を食べた後はお土産のクラフト作りが予定されています。

【早朝のキャンプサイト】
ソラ君は寝袋で爆睡中。私は早朝トイレに行きたくなって目がさめました。
外に出ると、キャンプサイトはまだ寝静まっています。
皆んなまだ夢の中かな。
今日は、天気がいいようです。どんな楽しい一日になるのかな。


【子どもたちは早起き】
6時を過ぎると、キャンプサイトもしだいににぎやかになってきました。
大人たちは顔を洗ったり、朝の準備を始めます。
子どもたちもお目覚めです。
仲良くなった子どもたちどうしで、キャンプサイトの回りをかけ回っています。
キャンプならではのことですね。


【朝食】
朝食の準備が始まりました。
今朝はウドンだそうです。
奥多摩の朝はまだ寒いので、暖っかいウドンは美味しそう。
参加者全員で朝食の準備。といってもあまりすることはありませんでしたが。
私はドリップコーヒーを一杯いただきました。
朝のひんやりした空気の中で、青空を見上げながら飲むコーヒーとタバコの一服は最高。
そうこうしているうちにウドンもできあがりました。
いただきま~す。


【テントの撤収】
朝食を食べ終わり後片付けをした後は、テントの撤収。
たたむときは張る時よりもずっと簡単。
組み立てた逆の順序であっという間に終了しました。
一晩お世話になったテントのフライシートは、夜露でしっとり濡れています。
これを柵にかけて干した後に袋に入れます。
袋に入れたテントは長さ50cmくらい丸い筒状に収まります。いいね~。


【フリータイム】
一段落したところで、お昼までフリータイムの時間となりました。
親子で森を散策し、ふれ合う時間だそうです。
でも私とソラ君は休みの日はいつも一緒にお出かけして、充分過ぎるほどふれ合っています。
ふれ合い過ぎかも。(^^;
キャンプサイトの地図を見ると、湖畔に降りられることが分かりました。
水遊びが大好きなソラ君なので、目的地は湖畔に決定。
キャンプサイトから一本道の坂道を下っていきます。
新緑とさわやかな風が吹いて、気持ちがいい。


【奥多摩湖畔で水遊び】
湖畔公園は、その奥多摩湖の入り江のような場所にありました。
といっても何かあるわけではありません。
けれども子どもたちは水遊びができればそれで充分。
キャンプに参加した別の親子も合流して仲良く水遊び。
ソラ君もズボンを脱いで水の中に入りました。
私は昨夜の睡眠不足もあって岸辺でゴロンと横にってお昼寝タイム。
夢うつつで、子どもたちの歓声が聞こえてきたような・・。


【奥多摩湖とは】
奥多摩湖は、1957年(昭和32年)に多摩川を小河内ダムによって堰き止めて造られた人造湖です。
発電目的ではなく水道専用の貯水池で、現在も水道専用としては日本最大級を誇るそうです。
たしかに大きい。
縦横にクネクネと伸びています。
今日の奥多摩湖は、このところ雨が降っていないので水量はやや少なめでした。

=> 次に進む
=> 最初に戻る

2009/06/06

山のふるさと村 親子で楽しむはじめてキャンプ - 5 ナイトツアー

こんにちは。青空児です。
山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 5 は、ナイトツアーです。

【ナイトツアーって?】
はじめてキャンプのお楽しみイベントその3は、夜の森のナイトツアーです。
夕食の後片付けが終わる頃には、すっかり暗くなりました。いよいよ本日最後のイベント、ナイトツアーが始まります。
ところで、ナイトツアーって何?
皆んなで夜の森を懐中電灯を持って歩き、「夜の森はコワイヨー」くらいに思っていましたが、これが大違い。夜の神秘性を実感する貴重な体験でした。

【哺乳類は夜行性だった!】
奥多摩の森には、都会にはいないたくさんの動物や昆虫が生息しています。
実は哺乳類や昆虫の多くは夜行性なのだそうです。
何億年か前、恐竜全盛時代に哺乳類はひっそりと誕生しました。
この時の陸の王者はもちろん恐竜。
ほ乳類が生き残るには、恐竜たちが寝ている夜しかなかったのです。
巨大隕石の衝突によって恐竜が絶滅した後もしぶとく生き残った哺乳類は、進化を続け人類が誕生しました。
今やヒトは、陸の王者として君臨して、昼間の世界を支配するようになりました。
そして大都会に住む我々は、ヒト以外の哺乳類の本質が夜行性だということをすっかり忘れています。
ナイトツアーは、夜の森に入り、暗くなって活動をはじめる動物たちの息づかいを体験するツアーでした。


【夜の森の息づかい】
大人と子供のチームに分かれて、夜の森に入ります。
子供たちは、ヤッチンとムゥが先導しムササビの巣がある森へ、懐中電灯で足下を照らしながら一列になって進んでいきました。
小さな灯りがユラユラ揺れて、遠目にはひとだまのように見えます。
大人たちは、マユミィが先導して懐中電灯をつけずに、夜のほのかな明かりだけを頼りに、足音をたてないようにして森の奥へ入ります。
こうしないと、感覚のするどい動物たちは人の気配を察して逃げてしまうそうです。

最初は暗さに目が慣れず、前を行く人のぼんやりした姿だけが頼りでした。
やがて森の奥に到着。ここで持参したマットを地面に敷いて、寝転がります。
静かに瞑想。今夜は満月でしたが、雲っていて月明かりわずかに差すのみ。
晴れていたら満天の星が見えるそうです。
大人になると、外で寝転がって天を見上げるなんてことは、めったにありません。
その視界が新鮮に思えます。
やがて一緒にきた人たちのことも忘れ、森の静かな息づかいが聞こえてくるようです。
横になって15分ほどでしたが、森と一体になれた15分でした。

【土蛍がいた】
帰り道、先導してくれたマユミィが土蛍を発見。
手にとって見せてくれました。
私は土蛍なるものを初めて知りました。
土蛍は蛍の一種ですが、幼虫の時にしか光らない種類だそうです。
私たちが見せてもらった時は残念ながら光りませんでしたが。
ネットにあった土蛍の写真。こんな形だったのか。
見せてもらった時は、小指の爪ほどの大きさでよくわかりませんでした。


 【たき火】
キャンプサイトに戻ると、ハルさんがたき火の用意をしてくれていました。
奥多摩の夜は冷え込みます。
たき火の明かりと暖かさがちょうどいい具合。
皆んなで輪になって暖をとりました。


オヤツにマシュマロが出ました。
マシュマロをたき火の火で焼いて食べると、とろりと溶けて美味しいそうです。
私も焼きマシュマロを食べてみましたが、表面はやけて皮になり中はクリームみたいで乙な味でした。
ソラ君のマシュマロは焼きすぎて燃えています。
早く消さないと・・。


【就寝】
たき火を前に、ソラ君は友だちと遊んでいます。
9時になる頃には、私は疲れがドッと出て眠くなり、先にテントに戻ることにしました。
テントの中は寒かった!
持ってきた防寒用の厚手ジャケットを寝袋の上ににかけましたが、それでも寒い。
後で聞くと、テントの中は最初は寒く、時間がたつと人いきれで暖かくなるそうです。
(実際、深夜には寒くなくなりました!) 
ソラ君が戻って来たのは10時を過ぎていました。
たき火もお開きになったようです。寝袋にくるまったソラ君。


 ふざけて頭までスッポリ。芋虫状態のソラ君。


こうして、キャンプ初日は無事終了。いろんなことを体験した一日でした。

【テント生活はつらいよ】
私もソラ君もテントも寝袋で寝るのも初体験。
残念ながら寝心地はよくありませんでした。
寝袋は中が狭く、寝相の悪い私は寝返りもうてず、体が痛くなって何度も目をさましました。
ふだん柔らかい布団の上で寝ているので、スノコに簡易マットは固い床の上に寝ているような気がしました。
後で聞いてみると、エアマットという便利なものがあるそうです。
な~んだ。
それにしても夜は寒かった。私は参加者の中でも最年長。寄る年波には勝てずトイレが近くなっています。
深夜の2時過ぎに我慢できずに、懐中電灯をもってトイレに行きました。
これがまた遠い。100m以上もある。途中、急な坂もあるし。
ということで、キャンプは楽しいけれど、テント生活はけっこうシンドイということを実感しました。

ソラ君は寝袋に入るなり、バタンキューで朝まで熟睡。
一晩中いびきをかいて寝ていました。
彼の場合は、走り回ってばかりいたしね~。


=> 次に進む
=> 最初に戻る

山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 4 夕食

こんにちは。青空児です。
山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 4 は、夕食です。

【子供たちは飛び回る】
テントが完成して、お父さんやお母さんはテントの中の整理。使う荷物を出して、テントの中を効率よく使います。
その間、子供たちはキャンプサイトの回りを飛び回っていました。
2年生のソラ君は、子供たちの男子の中で最年長ということもあり、先頭を切っていました。


 【かまどの火起こし】
はじめてキャンプのイベントその2は、すべて自分たちで作る夕食。
かまどの火起こしから。
大人たちは、マユミィに火を簡単に着火させる方法を教わりました。
子供たちは、ハルさんにマッチのつけ方を教わります。
今時の子供たちは、マッチをつけることを経験していない子供が多いようです。
ソラ君も火をつけるのはライター。私のタバコの火です。

かまどは4つ。ちょうど家族分あります。
私がかまどにマキを教わったように並べ、ソラ君がマッチで火をつけました。
おぉ、一発で着火。ボンボンと燃えました。


ソラ君は、かまどがすっっかりお気に入り。
顔を真っ赤にしてもずっとかまどの前を離れませんでした。
それにしても、マキをくべ過ぎなんじゃないの、ソラ君。



【食材を調理】
今夜のメインディッシュは、夏野菜の肉炒め。
ピーマンに挽肉を詰めて、鉄板でボイルするそうです。これが食材。
いろいろありますね~、けれどソラ君の嫌いな野菜ばかりです。


ご飯はかまどで大きな釜で炊きます。おいしそう。


こちらはキノコ汁。
キノコやネギをいれてごま油で軽く炒めて、味噌汁に。
香ばしいごま油の臭い。早く食べたい!


ソラ君のかまどは、火の勢いがいいのでメインディッシュ用。
鉄板の用意もできました。
ソラ君は自分のかまどが使われるのではりきっています。
火の番人と回りからからかわれていましたが、一向に気にする様子はありません。


お肉が焼き上がるのを皆んなで待ちます。


 【夕食】
こうしてすべての料理ができあがりました。
いただきま~す。


食事は、テントサイトに並べた簡易食卓です。
青空の下で食べる食事は格別。
しかも、皆んなふだんよりも動き回っているのでお腹もペコペコです。
あっという間に平らげました。
お代わりをする子供たちが多い中、ソラ君はお肉をほとんど食べませんでした。
嫌いなピーマンだったから。
キノコ汁にご飯を入れてぶっかけにして少し食べただけ。
私は、ソラ君の分まで食べて満腹、もう動けないほどでした。


山のふるさと村 親子で楽しむはじめてキャンプ - 3 自分たちのテントを張る

こんにちは。青空児です。
山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 3 は、自分でテントを張るです。

【自分たちのテントを張る】
テントの張り方を教わったので、今夜寝る自分たちのテントを張ります。
テントは、山のふるさと村で貸してくれたもの。
4人用のテントなので、教習用のものよりもちょっと大きめのサイズでした。
できるかな~?と不安になりましたが、インタープリターのハルさんがついてくれたので一安心。
ここから先は、私よりもソラ君が大活躍でした。
ポールの連結をするソラ君。


【ポールの組み立て】
次ぎに、ポールをテントの穴に通します。これは意外と難しい。
うっかりすると、中でポールが抜けてしまいます。
コツは押して、伸ばしての繰り返し。


テントの基本部が完成。
ソラ君は念のために一回りして確認。
抜けているところはないか、しわがよっていないか。
いいかげんなソラ君と思っていましたが、意外な一面を発見。


【ペグの打ち込み】
フライシートも無事に装着し終わり、最後にペグの打ち込み。
これがヤワだとテントが風に飛ばされて一大事。
大事な仕事をソラ君にまかせました。
大役をまかされたソラ君は一生懸命。
力一杯ペグを打ち込んでいる姿に私も安心しました。




【今夜の宿がデキターッ!】
作業を開始してから30分ほどでついにテントができあがりました。
仕上げに、中にマットを敷いて完成。やったね!
ハルさん、いろいろと教えていただきありがとうございました。m(_ _)m


【中に入ってみる】
さっそく中に入ってみました。意外と広い。
広すぎるくらいです。
けれど、地面が真っ平らではなく微妙に角度がついているせいか、中に入るとよろけるような感じ。
三半規管が狂ってめまいが・・。でも、すぐに慣れました。


=> 最初に戻る

山のふるさと村 親子で楽しむはじめてキャンプ - 2 テント張りの講習

こんにちは。青空児です。
山のふるさと村 - 親子で楽しむはじめてキャンプ - 2 は、テントの講習です。

【テント張りの講習】
森の探索から帰ると、いよいよテント張りの講習会が始まりました。
今回参加している家族は、皆んなテント未経験。自分でテントを張って、その中で寝る。
これが一大イベントです。テントはどうやって張るのか、寝心地は?
と私もソラ君もワクワクしていました。


 【テントの仕組み】
テントは、本体部と雨よけのフライシートの2枚構成になっています。
それにテントを支えるポール。
地面に直接テントを張ると、マットを敷いても下がゴツゴツして痛いので、今回はスノコも用意してくれました。


 【本体部にポールを通す】
テントはナイロン製の生地でできています。
このテントをピンと張るのはポールの役目。
ポールは50cmくらいの長さのステンレスの棒ですが、中にゴムヒモが通っていて、つなぎ合わせると4mほどになります。
これを2本、交差させてテントに通します。
一人でするとけっこう大変。二人だと楽にできます。


 ポールが通ると、グッとテントらしくなります。


【最後にフライシート】
本体部が完成したら、フライシートを装着します。
フライシートは雨よけの傘みたいな防水シートです。
本体部とフライシートはポールの先にフックでつなぎます。
こうすることによって、本体部とフライシートがしっかりと接合されます。
フライシートがついたら、最後にペグを打ち込み、テントが風で飛ばされないようにします。
ペグは長い釘のようなもので、やはりポールの先にフックでつなぎ、ハンマーで打ち込みます。
これでテントが完成。



山のふるさと村 親子で楽しむはじめてキャンプ -1

こんにちは。青空児です。
私とソラ君で、6月6日(土)7日(日)に奥多摩湖のほとりにある山のふるさと村で行われた「親子で楽しむはじめてキャンプ」に参加してきました。
初体験のテントでの一夜、夜の森の探検と有意義な2日間をレポートします。

2009年6月6日(土)

【青梅線】
奥多摩駅に10:30集合。
車にするか電車にするかで悩みましたが、車だと帰りがつらいので、電車に決定。
奥多摩に電車で行くのは何十年振りでしょうか。
青梅駅を過ぎると、電車のドアは自分で開け閉めする形式に変わります。
これにはびっくり。
青梅から先は単線。電車待ちの時間が長く、開けっ放しのドアで冬は凍えるほど寒かったそうですが、3年ほど前に新型車両の導入を機に開閉できる車両に変わったそうです。
ソラ君は珍しくて、用もないのに開けたり閉めたりしています。
鳩ノ巣渓谷を過ぎると、車両には誰も乗っていません。
こんな電車に乗ったのはお父さんも始めて。
ソラ君もノビノビ、吊り輪につかまって遊んでいます。


 【奥多摩駅】
奥多摩駅からは、山のふるさと村からお迎えのバスがきます。
わが家の他にもう一家族あったそうですが、電車に乗り遅れたとかで遅刻。
バスも貸し切り状態となりました。
奥多摩駅から山のふるさと村までは約30分。
けっこう遠い。奥多摩湖にそって曲がりくねった道を進みます。


【山のふるさと村】
山のふるさと村に到着。今回は4家族が参加。
いつもは10家族くらい参加者があるそうです。
参加者が少ない分、子供達は皆んなすぐに仲良しになりました。
むしろ大人の方が緊張しています。
インストラクタは4名。全員女性。おしゃべり上手で明るくて、皆さんいい感じです。
正しくはインタープリターと呼ぶそうです。


 【山には何がある?】
自己紹介が終わり、持参したお弁当を食べた後、さっそく皆んなで外へ。
朝方は少し雨が降っていましたが、お昼近くになって薄日が差すほどになりました。
雨のキャンプでは魅力半減ですが、外は暑くもなく寒くもなく快適です。
インタープリターのヤッチンとムゥが先導して、子供達に森の生態を丁寧に説明してくれました。


 ソラ君は何やら発見。小豆くらいの大きさのかたまり。
小動物のフンでした。
イタチかテンのフンではないかとのことでした。いるんですね~。


森の奥では早くもセミがないています。
春ゼミとのこと。ウグイスや小鳥のさえずりもよく聞こえてきます。
自然の中にいるということを実感します。
ソラ君もいつもと違っておふざけせずに、一生懸命いろいろ探しています。


【奥多摩の動物】
奥多摩にはたくさんの野生動物が住んでいるそうです。
大都会からほんの少し離れているだけなのにね~。
キャンプ場の近くにはムササビの巣があり、ナイトツアーのコースになっているほどです。
ムササビは夜行性なので、もしかすると見られるかもしれないとインタープリターのマユミィが言っていました。


 => 次に進む